良い睡眠のために

ここでは、「良い睡眠のために」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い睡眠をとるには就寝の1~2時間前に、

■ぬるめのお風呂でリラックス
心身ともに疲れを癒せます。

■ストレッチをする
慢性的な運動不足は不眠につながりやすいです。

■催眠効果のある飲み物を飲む
ホットミルク、ハーブティー(特にカモミール)が一般的です。
逆にコーヒー、紅茶などカフェインを含んだ飲料は覚醒作用があるので寝付きにくくなります。
お酒(寝酒)は身体に負担がかかるのでやめておいた方がいいでしょう。

■アロマテラピーをする
香りが強すぎない程良い香りならリラックス効果を高めてくれます。
ラベンダーやカモミールが一般的です。

■周りの照明を暗めにする
光が強いと目に刺激が強く、なかなか寝付きにくいです。
光量調整できる蛍光灯、間接照明で光を抑えめにするといいでしょう。

■リラックスできる音楽を聞く
心を落ち着かせてくれる音楽・環境音を聞く事で眠りにつきやすくなります。
心を高ぶらせる激しい音楽は避けたほうがいいです。



全てを行う必要はないですが、自分に合っているものをいくつか日常的に行うと良い眠りにつけるでしょう。
 
 

良い睡眠をとる寝室の工夫としては、

■過ごしやすい温度・湿度を保つ
暑い熱帯夜、冬の寒い夜はエアコンやヒーターなどで温度を調整するといいです。
手軽に湿度調整をするには加湿器・除湿器が便利です。湿度は50~60%程度が適しています。

■清潔で肌触りの良い寝具を使う
自分が心地良いと感じるベッドメイキングをしておきましょう。


朝、起きてからの一工夫としては、

■起きたら朝日(太陽の光)を浴びる
太陽の光を浴びると約14~15時間後に睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されるように人間の体は出来ています。
体内時計をリセットする効果もあります。

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ  睡眠について |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。